地域包括ケア病棟のご案内

地域包括ケア
急性期医療が終了し、すぐにご自宅や介護施設などの在宅へ退院するには不安のある患者さんに対し、在宅復帰に向けて医療管理、 診療、看護、リハビリ、を行うことを目的とした病棟です。また、在宅療養中の患者さんに入院が必要となったと き、地域の先生方から依頼を受けて支援する病棟です。

在宅復帰をスムーズに行うために「在宅復帰支援計画」に基づき、主治医、看護師、リハビリスタッフ、ソーシャ ルワーカー等と院外の関係者(ケアマネージャー等)が協力して、効率的に患者さんのリハビリや在宅復帰に向け た相談、準備を行っていきます。

どんな場合に利用するのか?
ご自宅あるいは介護施設等に復帰予定の方であればご利用できますが、主に次の患者さんが対象となります。

 1.入院治療により病状は改善したが、当院にてもう少し経過観察が必要な方
 2.入院治療により症状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリが必要な方
 ※リハビリの実施については患者さんの状態により随時検討します。
 3.在宅での生活にあたり準備が必要な方
 4.在宅療養中で一時的に入院が必要な方

なお、入院期間は患者さんの状態により異なりますが、60日を限度としております。


当院入院時の流れ



アクティビティケア(デイサロン)
入院されている患者さんが、レクリエーションや軽い体操などを行うこと で、脳や心身機能の維持・向上を図り、生き 生きとした生活を送っていただ くために病棟内でアクティビティケア(デイサロン)を実施しています。
*理学療法士によるリハビリテーションとは別に実施します.

  6a_2.jpg   6a_3.jpg

入院費について
入院費は急性期病棟とは異なり『地域包括ケア病棟入院料』を算定いたします。『地域包括ケア病棟入院料』には、 リハビリテーション料・投薬料・注射料・処置料・検査料・画像診断料・入院基本料等の費用が含まれてます。
(一部投薬料・注射料・処置料・入院基本料を除く)
食事代の費用及び病衣・差額ベッド(特別室)代など保険診療対象外の費用は含みません。
また、1ヶ月の医療費の負担上限については、急性期病棟の場合と同様となります。


お問合せ先
  地域医療連携課

  TEL:0154−22−7171
  FAX:0154−22−7176

※地域包括ケア病棟への入院申込みは、診療情報提供書フェイスシートを FAXいただければ、地域医療連携室よりお返事いたします。


Google
文字サイズ 標準