一般病棟のご案内

小児科の一般病棟には、毎年およそ1500人前後の子供たちが入院し治療を行っています。
(小児病棟ですので、その他に外科、整形外科、眼科、耳鼻科などに入院する子ども達もいます)
小児科には気管支炎、肺炎などの感染症で入院してくる子供が多いので、大半の場合は1週間以内には元気なって退院 していきます。
しかし、慢性の病気で長い入院生活を送らなければならない子ども達もいます。


入院病室の紹介(4人部屋)


個室の紹介(シャワー・トイレ付き)


個室の紹介(シャワー・トイレなし)

Google
文字サイズ 標準