災害救護資器材

当院では、大規模災害時に備え患者受入体制を整備することは勿論のこと、いつでも救護活動に出動できるようテント、 車両、資器材等を整備しています。
また、道内には赤十字病院が10カ所あり、各病院でも同様の資器材を配備し、万一の災害に備えています。


主な災害救護資器材

@エアテント(このほか組立式天幕が6張あり)
Aマイクロバス型救援車
 (救護員のほか資器材を積載)
B医療セット
 (衛生医療材料・アンプル・薬品等)
C折りたたみ寝台
 (アルミ・木製37台配備)
D業務用無線機
 (当院には車載を含む9台配備)
Eトリアージタック
 (災害現場用患者票 表・裏)
F炊出釜
 (当院には2台配備)


Google
文字サイズ 標準