Home >

災害救護活動及び災害義援金等の募集

日本赤十字社では、社法や定款で災害救護を重要な活動と明文化しておりますが、災害対策基本法でも国の「指定 公共機関」に位置付けられ、災害救助法により国に対する救助への協力が規定されています。
このため、当院では毎年常備救護班(医師1名・看護師3名・主事2名、計6名)2個班を登録し、これまで「北海道南西 沖地震」「阪神淡路大震災」「有珠山噴火」「東日本大震災」「熊本地震」等に出動するとともに、毎年各種救護訓練へも 積極的に参加しています。
救護業務の内容には、
@ 医療救護 A こころのケア B 救援物資の備蓄と配分 C 血液製剤の供給 D 義援金の受付と配分 
E その他の応急対応に必要な業務
と云った活動があり、災害救助法でも「医療、助産及び死体の処理」を委託されています。

災害救護活動・訓練参加状況

 災害救護活動・訓練状況

   

主な災害救護資器材

主な災害救護資器材

   

義援金・救援金・社資の募集

 義援金・救援金・社資の募集

   

Google
文字サイズ 標準