薬剤部




 薬剤部長挨拶
 y-2.jpg 薬剤部では、「薬学的視点に立ち、薬物治療における有効性・安全性の確保を実践し、チーム 医療を通じ、患者さんのQOL向上に貢献する」を理念に、すべての薬剤師が医薬品に関わる ことに責任を持って業務に取り組んでいます。
院内での薬剤師の業務は、調剤、医薬品の供給管理、抗がん剤や高カロリー輸液の無菌調製、 院内製剤(市販されていない医薬品)の調製など実際に医薬品を取り扱い、適正な形で患者さん のもとにお届けする業務から医薬品の有効性や安全性に関する最新の情報を収集・提供し適正 使用を支援する医薬品情報管理業務、患者さんと直接面談し、服薬についての説明、効果や副 作用発現の有無の確認、患者さんの持参薬管理、医師への処方設計を支援する薬剤管理指導 業務、臨床治験支援業務など多岐にわたっています。これらの業務はすべて医師、看護師、管理栄養士、臨床検査技 師、理学療法士などと連携しており、チームとしての取り組みが重要と考えて業務を行っています。
病院薬剤師に対する医療ニーズの拡大、役割の変化のなか、チーム医療の中でいかに専門性を発揮していくかが重視 されています。これらに薬剤部一丸となって対応しようと努力しています。
病院薬剤師としての役割を自覚し、その責務をしっかりと果たしていきたいと思います。薬剤師 業務の「見える化」、 「数値化」を進めるなか、本ホームページでは、薬剤部の各業務とこれまでの実績についてご紹介させていただきます。 薬剤部業務をより一層ご理解いただけることを願っています。


 薬剤部の概要

 理念と行動指針

<理念>
薬剤師の責務は、薬学的視点に立ち、薬物療法における有効性・安全性の確保を実践し、チーム医療を通じ患者さん のQOL向上に貢献します。

<行動指針>
 ■ チーム医療の一員として患者から信頼される薬剤師を目指します。
 ■ 医薬品適正使用を通じ、医療安全に貢献します。
 ■ 薬薬連携を推進し地域医療に貢献します。
 ■ 薬剤師の資質向上のため研鑽・教育を積極的に行います。
 ■ 病院の経営を意識した業務に取り組みます。

 部員紹介

役職 氏名 卒業校 卒業年 認定・専門資格
薬剤部長 千田 泰健 東北薬科大学  S55 日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(5年継続研修認定)
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士
日本医薬品情報学会 医薬品情報専門薬剤師
日本高血圧学会・日本循環器病予防学会 高血圧・循環器病予防療養指導士
日本老年薬学会 老年薬学認定薬剤師
日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム専門療法士
JPALS 日本薬剤師会生涯学習支援システム レベル5以上
薬剤副部長 高柳 昌宏 東北薬科大学  S59 日本薬剤師研修センター認定薬剤師
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(5年継続研修認定)
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士
JPALS 日本薬剤師会生涯学習支援システム レベル5以上
病棟業務課長 渡邊 清人 東北薬科大学  H02 日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(5年継続研修認定)
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士
日本リウマチ財団 リウマチ登録薬剤師
JPALS 日本薬剤師会生涯学習支援システム レベル5以上
薬品情報課長 土井 竜樹 北海道薬科大学  H01 日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師
日本薬剤師研修センター 漢方薬・生薬認定薬剤師
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(5年継続研修認定) 
製剤課長 足立 浩 北海道薬科大学  H01 日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(5年継続研修認定)
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士
日本アンチ・ドーピング機構(JADA) スポーツファーマシスト
JPALS 日本薬剤師会生涯学習支援システム レベル5以上
調剤課長 後藤 勝博 東北薬科大学  H05 日本病院薬剤師会 生涯研修履修5年継続認定薬剤師
薬品管理課長 近江 令司 東邦大学  H09 日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(5年継続研修認定)
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士
日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム専門療法士
日本アンチ・ドーピング機構(JADA) スポーツファーマシスト
日本リウマチ財団 リウマチ登録薬剤師
JPALS 日本薬剤師会生涯学習支援システム レベル5以上
薬品情報係長 澁谷 基宏 北海道医療大学  H12 日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(5年継続研修認定)
日本医療情報学会 医療情報技師(初級)
調剤係長 田中 康裕 昭和薬科大学  H12 日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(5年継続研修認定)
病棟業務係長 元木 孝 北海道薬科大学  H13 日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(5年継続研修認定)
日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士
JPALS 日本薬剤師会生涯学習支援システム レベル5以上
薬品管理係長 菊池 謙宏 北海道薬科大学  H17 日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(5年継続研修認定)
日本病院薬剤師会 日病薬病院薬学認定薬剤師
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士
日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師
JPALS 日本薬剤師会生涯学習支援システム レベル5以上
製剤係長 栗田 征幸 北海道医療大学  H19 日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(5年継続研修認定)
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師
日本病院薬剤師会 日病薬病院薬学認定薬剤師
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士
日本リウマチ財団 リウマチ登録薬剤師
薬剤師 綱島 道子 昭和薬科大学  H16 日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(5年継続研修認定)
薬剤師 館内 彌昌 神戸薬科大学  H18 日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
日本薬剤師研修センター 小児薬物療法認定薬剤師
日本薬剤師研修センター 漢方薬・生薬認定薬剤師
薬剤師 佐藤 文 北海道医療大学  H25 日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(1年継続認定)
日本病院薬剤師会 日病薬病院薬学認定薬剤師
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士
日本アンチ・ドーピング機構(JADA) スポーツファーマシスト
JPALS 日本薬剤師会生涯学習支援システム レベル5以上
薬剤師 内澤香奈子 北海道薬科大学  H25 日本薬剤師研修センター 認定薬剤師
日本薬剤師研修センター 漢方薬・生薬認定薬剤師
薬剤師 目谷 莉紗 北海道薬科大学  H25 日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(1年継続認定)
薬剤師 館内謙太郎 北海道薬科大学  H27 日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(1年継続認定)
日本病院薬剤師会 日病薬病院薬学認定薬剤師
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士
日本アンチ・ドーピング機構(JADA) スポーツファーマシスト
JPALS 日本薬剤師会生涯学習支援システム レベル1-4
薬剤師 森田 航平 北海道医療大学  H28 日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(1年継続認定)
薬剤師 橋本 典子 東北医科薬科大学  H29 日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(1年継続認定)
薬剤師 田口 諒 北海道医療大学  H29 日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(1年継続認定)

 ■ 薬剤助手/3名
 ■ 医薬品SPD/6名
                                                               【 平成31年4月 】


 認定者等
日本薬剤師研修センター 認定薬剤師 8名
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 7名
日本薬剤師研修センター 小児薬物療法認定薬剤師 1名
日本薬剤師研修センター 漢方薬・生薬認定薬剤師 3名
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(5年継続研修認定)  13名
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(1年継続認定) 6名
日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 2名
日本病院薬剤師会 日病薬病院薬学認定薬剤師 4名
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士 10名
日本医薬品情報学会 医薬品情報専門薬剤師 1名
日本医療情報学会 医療情報技師(初級) 1名
日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム専門療法士 2名
日本アンチ・ドーピング機構(JADA)スポーツファーマシスト 4名
日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師 1名
日本高血圧学会・日本循環器病予防学会 高血圧・循環器病予防療養指導士 1名
日本リウマチ財団 リウマチ登録薬剤師 3名
日本老年薬学会 老年薬学認定薬剤師 1名
JPALS 日本薬剤師会生涯学習支援システム レベル1-4 1名
JPALS 日本薬剤師会生涯学習支援システム レベル5以上 8名

                                                               【 平成31年4月 】


 薬剤部の業務

 調剤課

<入院調剤>
オーダリングシステムと連動した自動調剤システム(処方監査システム、薬袋発行機、ラベル発行機、全自動錠剤 分包機、散剤監査システム、散剤分包機、水剤監査システム)が導入され業務の効率化が図られています。多くの 過程はコンピューター化されていますが、最終的な確認(監査)は薬剤師の目により行われます。処方内容に少し でも疑問がある場合は、医師に対して疑義紹介を行い、安全な薬剤を提供できるように日々努めています。

<外来調剤>
院外処方発行率は90%を超えていますが、特殊製剤や検査薬など院外で対応出来ない薬剤や救急患者などの処方は 院内で調剤しています。

       

 薬品管理課

<医薬品の品質管理>
医薬品の有効期限、貯法(温度・湿度・遮光)などの管理を行います。病院内で使用される全ての医薬品に関する 品質管理は薬剤部が担っています。

<医薬品の在庫管理>
医薬品の発注、納品、棚卸に関する業務は薬剤師の指示によりSPDが行います。SPDとは『Supply Processing and Distribution』の略で物品の標準化、物流の効率化や業務の平準化を図るため、物品管理部門本来の購買・在庫・ 搬送・消費等を一元管理します。その結果、医療従事者が本来の業務に専念することができます。

<医薬品の供給>
入院患者さんに使う注射薬は、全自動注射払出機を使用して一患者一施用ごとに払出しを行います。薬剤師は使用 量、配合変化などのチェック(監査)を行います。 院内各部門には、必要最低限の医薬品を配置しており、SPDに よる定数在庫管理を行っています。

      

 調剤管理課

<院内製剤の調製>
市販されていない製剤、医師の依頼に基づいた病院独自の製剤、検査や手術時に使用する特殊な製剤を調製して います。

<高カロリー輸液の調製>
高カロリー輸液と、一般点滴の一部について、無菌的に調製しています。

<抗がん剤の調製>
休日時間外を含め、全ての抗がん剤の調製は薬剤師が無菌的に行っています。また、抗がん剤のレジメン管理など の業務を行い、医師とともに安全な投与設計に関わっています。

      

 薬品情報管理課

<医薬品情報の収集>
最新の医薬品情報や院内での医薬品の問い合わせ等に関する情報、疑義照会内容などを収集・データベース化し ており、それを分析し、重要な事例はプレアボイド報告として日本病院薬剤師会へ報告、院内で発生した医薬品 の副作用は医薬品安全性情報報告書で厚生労働省へ報告を行っています。

<医薬品情報の提供>
医薬品情報課で収集した情報を基に院内医療従事者向けに加工を行い、Drug InformationNewsとして毎月1回院内 へ情報提供を行っています。また、Drug InformationNewsは各病棟専任者、担当者が病棟特性に応じて現場の看護 師向けに詳細な解説を行うようにしており、情報の定着に向けた取り組みも行っています。

            

 病棟業務課

<病棟業務>
薬剤部では病棟専任薬剤師と複数の病棟を兼任する薬剤師の複数名で1病棟を担当するチーム制を取っており、 病棟には薬剤師専用デスクを設け、病棟業務に専念できる環境が整っています。病棟で行っている業務は薬剤管理指導業務と病棟薬剤業務を中心に、 初回面談、持参薬確認、与薬の準備、内服薬の配薬、退院指導、看護師へのDI情報の周知などを行っています。
また病棟カンファレンスや退院支援カンファレンスなどに積極的に参加し、多職種と共に患者さんの治療や QOL向上に貢献できるように努めています。退院後の薬の管理に不安がある患者さんについては薬薬連携で情報共有を図り、 退院した後も継続して安心した薬物治療ができるよう地域の薬剤師とも協力しています。
さらに医師・薬剤師により事前に合意したプロトコールに基づき、専門的知見の活用を通じて処方提案や 処方入力支援として代行入力を積極的にし、医師の業務負担軽減を行っています。
2017年にユニフォームを一新し、鮮やかなターコイズブルーに変更しました。おかげで他の医療スタッフや 患者さんから一目で薬剤師だとわかってもらえるようになり、気軽に声をかけていただけるようになりました。 その声に応えるべく、薬剤師としての自覚と責任をもって医薬品適正使用、医療の質の向上に取り組んでいます。

        

   

 治験業務

 y-13.jpg
治験事務局として薬剤師2名が業務を兼任しています。
第U相試験から第W相試験(製造販売後臨床試験)までの 臨床試験と、製造販売後調査等に関する業務を行っていま す。治験コーディネーター(CRC)業務は、治験施設支援機 関(SMO)に業務委託しています。




 災害救護

 y-14.jpg
災害時医療チームにおいて、少人数の医師が自らの専門以 外の患者に対応し、使用したことのない医薬品を使わざるを 得ないため、薬剤師が調剤や服薬指導にとどまらず、医師等 に対して医薬品の選択について助言を行うなど、医薬品の適 正使用に貢献する幅広い活動を行う必要があります。 そのた め、薬剤師も医療救護班の一員として日々研修や訓練に参加 し、東日本大震災の際には当薬剤部から医療救護班として1名 救護活動に派遣し、病院支援として2名派遣しました。


 薬薬連携

 y-15.jpg
病院と薬局の薬剤師が、安全な薬物療法を継続して患者さん に提供するために、互いに薬剤管理指導の内容を引き継ぎ連 携することは重要なことです。当院では合同勉強会の定期開 催、在宅患者に対する情報提供、退院時カンファレンスへの 参加など薬局薬剤師との連携に力を入れています。





 チーム医療への参加
 y-16.jpg ■ 糖尿病センター
日本糖尿病療養指導士とは、糖尿病とその療養指導全般に関 する正しい知識を持ち、医師の指示の下で患者に療養指導を 行うことのできる熟練した経験を有し、試験に合格した看護師、 管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士が取得でき ます。
当院には、全職種で24名のCDEJがおり、そのうち薬剤部には 8名もの有資格者がいます。我々は各職種間で連携し合いなが ら糖尿病の予防・治療を目的として日々取り組んでいます。


 y-17.jpg ■ 緩和ケアチーム
緩和ケアチームでは、主治医と緩和ケア委員会の医師、看護師、 薬剤師が入院患者さんを中心に痛みはもとより、ご家族への心 配・不安等、苦痛な症状を緩和できるようにお互い協力してサポ ートしていく体制を取っています。  症状を緩和することによって、 患者さんやご家族にとって可能な限り良好な生活の質(Quality of Life)を実現・維持することを目指して活動しています。




y-18.jpg ■ 栄養サポートチーム(NST)
栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)とは病院で働く、専門 職種がそれぞれの知識や技術を出し合い、適切な栄養管理を行うための チームです。薬剤師も積極的にNST活動へ参加しており、薬剤の情報とし て、簡易懸濁法の提案、粉砕可能な錠剤や粉砕した薬がチューブを通過 するかの情報、輸液のカロリー量や水分量が不足していないか、相互作用 はないかなど薬学的専門知識による提案を行っています。さらに、NST回 診で得られた患者の情報を服薬管理指導業務の薬剤師と共有し、チーム 医療活動を通し、患者へ最良の治療が提供できるよう努めています。


y-19.jpg ■ 感染制御チーム(ICT)
感染制御チーム(ICT)とは、感染管理を担当する医師・看護師・臨床検査 技師・薬剤師などで構成される専門職のチームです。薬剤師もICTに参加 して抗菌薬の適正使用などに貢献しています。薬剤師は抗菌薬の使用量、 使用状況の把握、抗菌薬届出・許可制の実施、TDM業務など抗菌薬の適 正使用のための取り組みを行っています。




 薬学実習受け入れ状況
y-20.jpg  <受入状況>
年度 北海道科学大学
(北海道薬科大学)
北海道医療大学


平成25年度
第1期 1名  
第2期   2名
第3期 1名  


平成26年度
第1期    
第2期   2名
第3期    


平成27年度
第1期 1名 1名
第2期   2名
第3期 3名  


平成28年度
第1期   2名
第2期 2名 1名
第3期 1名  


平成29年度
第1期    
第2期   2名
第3期 1名  


平成30年度
第1期   2名 
第2期   1名
第3期 2名  








 業務統計
 <平成30年度 業務実績>
  総数 月平均
入院処方箋枚数 47,745 3,978.8
外来院内処方箋枚数 3,250 270.8
外来院外処方箋枚数 110,691 9,224.3
院外処方箋発行率 97.1%
注射薬処方箋枚数 89,984 7,498.7
入院抗がん剤調製件数 1,128 94.0
外来抗がん剤調製件数 744 62.0
高カロリー輸液調製件数 2,254 187.8
薬剤管理指導実施件数 14,703 1,225.3
薬剤管理指導実施率(対象病棟) 93.6%
退院時指導件数 2,714 226.2
麻薬管理指導件数 358 29.8
病棟カンファレンス延べ参加回数 1,201 100.1
TDM解析件数 28 2.3
プレアボイド報告件数 146 12.2
疑義照会実施件数 476 39.7
疑義照会後の処方変更率 83.6%
部内勉強会開催回数 70 5.8

  平成29年度   平成28年度       平成27年度       平成26年度       平成25年度

 薬剤部の教育・研修
 <平成30年度 学会・研修会等 発表者一覧>
日時 学会・研修会名 場所 演題名 演者
4月13日 釧路病院薬剤師会学術講演会 ANA クラウンプラザホテル 釧路赤十字病院の糖尿病教室の取り組みについて 栗田征幸
5月13日 第65回 北海道薬学大会 札幌コンベンションセンター 釧路赤十字病院における糖尿病教育入院前後の薬剤と体重、HbA1cの調査 館内謙太郎
5月13日 第65回 北海道薬学大会 札幌コンベンションセンター スポーツファーマシスト、アンチ・ドーピングについてのアンケート調査報告 佐藤文
5月13日 第2回 日本老年薬学会学術大会 都市センターホテル 医薬品リスク管理計画書に規定された高齢者投与に関する安全性検討事項の検討 千田泰健
5月19日 第11回 透析実務者会議 生涯学習会館 まなぼっと幣舞 透析導入における薬剤師の役割 森田航平
5月26日 第12回 日本緩和医療薬学会年会 東京ビックサイト 入院患者における内服強オピオイド鎮痛薬開始時服用薬剤数調査 元木孝
5月26日 第61回 日本糖尿病学会年次学術集会 東京国際フォーラム 経口血糖降下薬における医薬品リスク管理計画に規定された安全性検討事項と添付文書の重大な副作用の関連性の検討 千田泰健
5月27日 第12回 日本緩和医療薬学会年会 東京ビックサイト 緩和ケアチームによる薬物療法提案内容と 受け入れ状況調査 菊池謙宏
6月24日 医療薬学フォーラム2018
第26回 クリニカルファーマシーシンポジウム
東京ビッグサイトTFTホール 釧路赤十字病院の腎機能に起因したプレアボイド報告の実態調査 菊池謙宏
6月24日 医療薬学フォーラム2018
第26回 クリニカルファーマシーシンポジウム
東京ビッグサイトTFTホール プロトコールに基づく処方提案方法変更後の効果 近江令司
7月8日 医薬品安全性セミナー ヒルトン東京お台場 RMPを日常業務に活かすには〜育薬とスタッフ成長の一助として〜 千田泰健
9月15日 第41回 日本高血圧学会総会 旭川市民文化会館 循環器官用剤の医薬品リスク管理計画に規定された安全性検討事項とリスク最小化活動との関連の検討 千田泰健
10月21日 第12回 日本腎臓薬物療法学会
学術集会・総会 2018
アクトシティ浜松 透析開始患者の処方実態と減薬に対する薬剤師関与の実態 森田航平
11月15日 第54回 日赤医学会総会 名古屋国際会議場 関節リウマチ試験に対応した治験事務局業務の一例 渡邊清人
11月23日 第28回 日本医療薬学会年会 神戸コンベンションセンター NICU病棟における病棟薬剤業務の取り組みと課題 渡邊清人
11月24日 第28回 日本医療薬学会年会 神戸コンベンションセンター 緩和ケア患者に薬剤師の介入によって円滑に外来通院、入院治療から在宅療養まで繋げることができた一症例 元木孝
11月25日 第28回 日本医療薬学会年会 神戸コンベンションセンター スルファメトキサゾール/トリメトプリム投与患者の血清カリウム上昇要因の検討 館内謙太郎
11月25日 第28回 日本医療薬学会年会 神戸コンベンションセンター 医薬品リスク管理計画のある薬剤の処方実態調査 千田泰健
11月25日 第38回 医療情報連合大会 福岡国際会議場 くしろCKDネットーワークを機とした院内処方箋へのe-GFR記載による疑義照会変化の検討 澁谷基宏
1月18日 釧路リウマチカンファレンス 釧路市生涯学習センター 関節リウマチ試験に対応した治験事務局業務の一例 渡邊清人
2月22日 第16回 釧路病院薬剤師会会員発表会 釧路労災病院 血漿分画製剤 管理方法の取り組み 橋本典子

  平成29年度       平成28年度       平成27年度       平成26年度       平成25年度


 <平成30年度 院内研修会等 発表者一覧>
日時 学会・研修会名 場所 演題名 演者
5月18日 モーニングレクチャー 視聴覚室 災害における情報管理 澁谷基宏
5月29日 医療安全研修会 4階講堂 薬の基礎知識 澁谷基宏
6月1日 モーニングレクチャー 視聴覚室 災害における情報管理 澁谷基宏
7月23日 医療安全研修会 4階講堂 本当は怖い、輸液管理について -輸液管理の重要性と急速投与の危険性- 近江令司
7月25日 モーニングレクチャー 視聴覚室 よくわかる薬品管理 澁谷基宏
8月9日 感染対策研修会 4階講堂 抗菌薬の基本について 栗田征幸
1月16日 モーニングレクチャー 視聴覚室 がん疼痛治療薬のお話〜オピオイド鎮痛薬の使い方〜 菊池謙宏
2月19日 免疫チェックポイント阻害剤の適正使用を考える会 4階講堂 制吐療法の適正使用における当院の取り組み 元木孝

  平成29年度       平成28年度       平成27年度       平成26年度       平成25年度


 <平成30年度 論文一覧>
日時 投稿雑誌 内容 投稿者
               

  平成29年度       平成27年度       平成26年度       平成25年度




 製薬企業担当MRの方へ
1.薬剤部への医薬品情報提供について
  【提出先:薬品情報課長(不在時:薬品情報係長)】
   1)添付文書、医薬品リスク管理計画書、その他医薬品の適正使用に関する情報
     ⇒ 改訂等詳細な情報をご案内ください
   2)緊急安全性情報や安全性速報等の緊急を要する情報
     ⇒ 詳細が記載された資料を速やかにご案内ください
   3)包装変更、コード変更、販売移管、販売名変更、使用期限変更、社名・連絡先変更
     販売中止、欠品・品薄、回収情報、供給再開、経過措置品目移行等
     ⇒ 詳細が記載された資料をご案内ください

2.新規医薬品の情報活動許可手順について
  【提出先:薬品情報課長(不在時:薬品情報係長)】
   1)「新規医薬品情報活動許可申請書」に必要事項を記載し提出してください
      ⇒ 申請書ダウンロード手順:釧路赤十字病院ホームページ→部門紹介→薬剤部→
        「製薬企業担当MRの方へ」の中にある「新規医薬品情報活動許可申請書」から
        申請書をダウンロードしてください
      ⇒ 申請書提出前に薬品情報課長に申請について相談してください
      ⇒ 申請書提出は医薬品発売日以降とします
      ⇒ 申請書提出時には添付文書2部を併せて提出してください
   2)申請書提出後、院長決済の「新規医薬品情報活動許可書」(申請書と同じ用紙)をお渡しします
     → これにより新規医薬品の院内での情報活動が可能となります

3.新規医薬品の採用手順ついて
   1)医師は医薬品採用申請書を薬事委員会事務局に提出する
     ⇒ 正式採用については、薬事委員会開催前月の末日までに提出する
   2)薬事委員会事務局は採用申請された医薬品の担当MRに連絡し、ヒアリング日を設定します
   3)担当MRと薬剤部担当者によるヒアリングを実施します ※
   4)新規医薬品の採用について薬事委員会にて審議
   5)薬事委員会事務局より採用の可否について連絡します(→申請医師、→担当MR)

     ※ヒアリング資料(4部提出)
      ・添付文書
      ・製品情報概要
      ・インタビューフォーム
      ・医薬品リスク管理計画書

ダウンロード: 「新規医薬品情報活動許可申請書」


Google
文字サイズ 標準